FC2ブログ

KZの外装を補修する。

昨年再塗装の途中から放置していた


KZの外装プラスチック部を補修しました。


それには先日買った「プラリペア」を使います。


まずは、リアカウルからです。


リアカウルの内部にある左右の補強部分が外れています。


KIMG6163.jpg


昨年はホットボンドで補強していましたが


素材との相性が悪くてダメでした。


KIMG6164.jpg


傷に見えるのは「プラリペア」がよく馴染むための下地です。


この前から「プラリペア」は専用容器に入れています。


KIMG6165.jpg


しっかり接合するよう先に溶剤を患部の間に流し込み


そこに樹脂を盛り付けニードルで馴染ませました。


KIMG6172.jpg


左右とも行い、しばらく放置しました。


KIMG6173.jpg


少ししてカウルのサイドを持ってみると、以前と違ってしなりがない。(°_°)


付けた樹脂を突いてみると固く、補修個所はしっかり接合できています。\(^o^)/


次にサイドカバーの亀裂部分にも使ってみます。


まずは、付けていたホットボンドを取ります。


KIMG6176.jpg


手で簡単に取れるので役に立っていません。(゚∀゚)


これは取る前のホットボンドで補修した所です。


KIMG6185.jpg


上が亀裂で下が穴です。


それを取って「プラリペア」で補修しました。


KIMG6187.jpg


素材にしっかりくっ付いています。o(^▽^)o


表側です。


KIMG6188 (1)


他に亀裂が2か所あったので、そこにも使いました。


KIMG6184.jpg


この亀裂にも先に溶剤を流し込み樹脂を付けると良いです。


樹脂をニードルでしっかりと患部に馴染ませます。


KIMG6183.jpg


ここもしっかりとくっ付きました。(((o(*゚▽゚*)o)))


GTRのライトスイッチのプラスチック棒には


使えませんでしたが


バイクの外装には非常に有効です。


ところで、作業中に私の不注意から瓶を倒して


中の溶剤を半分以下にしてしまうというドジをしました。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


私またドジをしました。


スポンサーサイト



足の向くまま気の向くまま(江田島市へ)

今月中旬に呉市の隣にある「江田島市」に行ってきました。


当日も約5キロジョギングしてシャワーをした後の出発です。


KIMG6024.jpg


今回は呉市天応のポートピア港からフェリーで


江田島市の切串に渡ります。


KIMG6071.jpg


昨年?竹馬の友の朗君と「古鷹山」登山の時に利用して以来です。


ここの待合室です。


KIMG6070.jpg


少しグレードアップされたのかな?


切串港からK297号を走り大須方面に向かいました。


そうしたら工事予告がありました。


KIMG6081.jpg


この付近は見上げると崩れそうな所があります。


江田島湾が見れるところに来ました。


KIMG6082.jpg


新鮮市場を過ぎた辺りに目的地がありました。


KIMG6086.jpg


来たところは「軍艦大淀戦没者碑」です。


KIMG6094.jpg


湾の反対側には江田島自動車学校が見えます。


KIMG6087.jpg


ここには「戦艦大淀」のモデルがありました。


KIMG6088.jpg


乗員の方々です。


KIMG6089.jpg


残念なことに燃料がなくて出撃できなかったそうです。(;д;)


お参りして次に来たところは「利根公園」です。


KIMG6095.jpg


ここにも「戦艦利根戦没者慰霊碑」があります。


KIMG6096.jpg


右の募金箱に心ばかりの気持ちを入れました。


乗員の方々です。


KIMG6097.jpg


ここでも手を合わせました。


中町港を過ぎて三高港まで来たところで


「砲台山」の看板を見つけて行くことにしました。(*^_^*)


そうしたら一見「早明浦ダム」みたいな風景です。


KIMG6104.jpg


正体は「三高ダム」でした、ここにダムがあったとは驚きです。


途中工事中のところもありましたが


途中の分岐点まで来ました。


KIMG6106.jpg


着きました「砲台山」です。


KIMG6109.jpg


日露戦争の時に作られた古い砲台です。


砲台が何か所かあるみたいです。


KIMG6127.jpg


砲台は3ヶ所ありました。


KIMG6114.jpg



その1つです。


KIMG6111.jpg


砲身が短いです。


KIMG6115.jpg


上から見ました。


KIMG6126.jpg


施設に造りは依然見た「大久野島」のものと似ていました。


兵舎跡です。


KIMG6116.jpg


屋根は新しく作られていました。


KIMG6119.jpg


パンのラマ展望台からの


東側です。


KIMG6122.jpg


これは北側の広島市内方面です。


KIMG6123.jpg


これは西側で正面の島は「宮島」です。


KIMG6125.jpg


沖美への道もありましたが、通行止めでした。


下山してK36からK487に入ります。


KIMG6132.jpg


その後K300からK121を迷走して


以前来た「陀峯山」の道を見つけて深江から山越えしました。


KIMG6134.jpg


途中の大君からの道との合流点です。


KIMG6135.jpg


帰りはフェリーでなく橋を渡って帰ります。


KIMG6136.jpg


帰りの呉総監部の付近で


前回音戸、倉橋に行った時に見た落とし物?の


ペットボトルがまだ落ちていました。


KIMG6138.jpg


捨てたものか?


当日の走行77マイル、約124キロでした。


KIMG6145.jpg


今回は

呉市周辺の遺構まとめ


を参考にさせていただきました。


尚、前ブレーキを整備した後だったので


下り坂も大丈夫でした。(((o(*゚▽゚*)o)))


鳥の巣を見つけました。

先日八朔の木を少しばかり選定しました。


この時生い茂っているところにハチの巣状のものが見えました。


躊躇しましたが


蜂の姿が見えないので切り落としました。


ところが取り上げてみると


鳥の巣でした。((((;゚Д゚)))))))


KIMG6065.jpg


もちろん中身は空っぽです。


この画像の中央部分に付いていました。


KIMG6066.jpg


いつもヒヨドリとか来ているので


巣作りしているようには思えませんでした。


家主さんは誰だったのかな?



ハンターカブの前輪ブレーキを調整しました。

先日ハンターカブのブレーキに不安を覚えたので


調整することにしました。


KIMG6053.jpg


ご覧の通りドラム側のアジャスターは限界付近です。


KIMG6054.jpg


レバー側も限界に近いです。


KIMG6056.jpg


ブレーキシューにはまだ余裕があるので


ブレーキアームのシャフトを動かして調整します。


この作業はハンターカブの場合少し面倒です。(;_;)


それはアームにアジャスターがないからです。


アーム側のワイヤーを外しました。


KIMG6057.jpg


シャフト位置を動かしワイヤーを取り付ける際は


アームとアジャスターの間が離れているので


先にアームにワイヤーを取り付け


次にレバー側に取り付けるには


レバーを外さないとワイヤーを付けることが出来ません。


KIMG6058.jpg


約1時間かけて作業完了しました。


KIMG6061.jpg


ベンリイ号ならアームにアジャスターがあるので


レバーを外さなくても出来ます。


アームのシャフトを動かしたのは、ひと山でした。


KIMG6062.jpg


レバー側もこの通り元の鞘?に納まっています。(゚∀゚)


KIMG6064.jpg


ブレーキテストしたところ遊びも少なくなり


よく効きます、これで急坂でも安心です。


足の向くまま気の向くまま(呉市倉橋町亀ヶ首へ)

今月初旬の暖かい日に呉市倉橋町大迫の亀ヶ首に行きました。


出発は午前10時半ごろで、約5キロジョギングした後です。


KIMG5976 (1)


音戸方面に行くには、鉄のクジラ館の前を通ります。


KIMG6017.jpg


ここには思ったより多くの見学に人がいました。


第2音戸大橋を渡ったところの駐車場に着きました。


KIMG6018.jpg


写っている赤い橋は陸橋です。


音戸町から倉橋町に入り、ここを左に曲がります。


KIMG6019.jpg


先の峠を越えると突き当りになり、右に曲がります。


少し行くとキレイな砂浜がありました。


KIMG6020.jpg


でも、この先は工事中でした。


その先に元「特殊潜航艇基地」の碑があります。


KIMG6034.jpg


お花が供えてありました。(*^_^*)


これが元基地の桟橋です。


KIMG6022.jpg


今ではズレたコンクリートの塊です。(T_T)


先に進むと倉橋町大迫地区に着きました。


KIMG6033.jpg


ここまでは数年前にKZで来ました。


KZで突き当りの道を左右とも散策しましたが


右は行き止まり、左は大型バイクでは無理でした。


今回はハンターカブなので、左の狭い道を登ります。


KIMG6030.jpg


この道は車1台がやっと通れる道です。


その終着点に来ました。


KIMG6023.jpg


ここで久しぶりに自作のお結びを食べました。(゚∀゚)


この建物は元ミカン農家の建物みたいでしたが


今は廃墟です。


ここまで約40マイル、64キロ。


KIMG6024.jpg


途中で「早瀬大橋」を渡り「大君深江線」を走ったため


距離が少し長いです。


この付近にあった貯水槽です。


KIMG6026.jpg


中には、マツモムシ?が泳いでいました。


途中脇道があったので探検してみたら


放置車両がありました。


KIMG6027.jpg


狭いこの道をよくここまで来たものです。


倉庫代わりかと思いましが


車両の状態から不法投棄車両です。o(`ω´ )o


この車の先はハンターカブでも無理そうだったので諦めました。


おそらくこの下の海岸に「呉海軍工廠亀ヶ首試射場跡」があるはず?


本道に戻りもう一つの脇道に入りました。


ここにも小さな貯水槽(小さな浴槽ほどの大きさ)


がありました。


KIMG6028.jpg


中には落ち葉が見えました。


ところが終着点には、冷蔵庫が2個不法投棄されていました。(T_T)


KIMG6029.jpg


画像には映っていませんが


布団が何個かありました。(;д;)


不法投棄が多い所です。ヽ(`ω´*)ノ彡☆


来た道を戻り峠を越えた交差点をそのまま直進して


「長谷地区」に行きます。


そうしたらここにも廃車がありました。(;_;)


KIMG6035.jpg


これは「ホンダライフ」です。


昔同期入社のF川君が乗っていました。


狭い道です。


KIMG6036.jpg


実は帰宅して調べたらこの先の波多見地区にも


元「大浦崎特殊潜航艇基地」がありました。


行く前に「呉市周辺の遺構まとめ」を見れば良かったです。


来た道より遠回りの道を走り「音戸大橋」まで来ました。


KIMG6037.jpg


第2音戸大橋があるので


この橋の交通量は少ないと思いましたが


結構多かったです。





KIMG6038.jpg



当日の走行71マイル、約113キロでした、


プロフィール

kawakou

Author:kawakou
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR